運営事務所:行政書士オフィスプラス
〒276-0031 千葉県八千代市八千代台北1-10-7 NKビル305号(京成線八千代台駅 徒歩3分)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

047-455-3540

受付:平日9:00~18:00

開所の時間・曜日は自由?

開所時間・開所曜日は自由設定

企業主導型保育事業の保育施設は、利用者のニーズに合わせて開所時間や開所曜日等を自由に設定できます。

この事業は、仕事と子育ての両立を支援する事業であり、多様な働き方に応えることを目的としています。

 

例えば、自社従業員枠の利用が主となる保育施設においては、従業員の就労時間や曜日に合わせて設定することが利用者ニーズになると考えられます。

一方、せっかく地域枠を設けたにも関わらず、設定した開園時間や開所曜日がニーズにマッチしていなければ利用申し込みに至らないこともあるでしょう。

 

このように企業主導型保育事業では、事業者が自由に開園時間や開所曜日を設定することができますが、「利用者のニーズ」を踏まえた事業計画が求められます。

なお、事業者はこれらのニーズを鑑みて「基本開所時間」、「基本開所曜日(日数区分)」を設定しますが、この設定が運営費助成金の算出ベース要素の一つとなります。

 

各設定と助成金の関係、注意点等について以下ご説明します。

基本開所時間と人員の配置

 基本開所時間の基準は次の二つです。

<基本開所時間> 

・11時間開所

・13時間開所

 

基本開所時間は、11時間または13時間のいずれかの選択となり、開所時間が長い13時間の方が助成金単価は上がります(13時間未満の場合は全て11時間開所の扱い)。

これは、開所時間が長ければその分経費もかかるからです(※実際にもらえる助成金ページ参照)。

代表的な経費として人件費がありますが、企業主導型保育事業では基本開所時間は原則規定の人員の配置が必要なため、例えば早朝で通園する児童がいないような時間帯であっても、開所し人員は配置されていなければなりません。

そのため、むやみに基本開所時間を長くすると経費や保育従事者等の負担が大きくなってしまいます。

 

延長保育の活用

 

開所時間を7時~20時とする場合、次の2つのケースで考えてみます。

 ①7時~20時を基本開所時間(13時間)とする

 ②8時~19時を基本開所時間(11時間)とし、開園前後1時間ずつ延長保育を実施

 

先述のとおり、基本開所時間には規定された人員の配置が必要となります。

規定の人員配置は、各年齢毎の児童数に対する保育従事者数(例:0歳児3名に対し、保育従事者1名等)+1名とされているため、開所直後に通所する児童がいない場合でも最低2名配置する必要があります。

ケース①では、7時の時点で利用者の有無に関わらず最低2名の配置となります。

 

一方、延長保育時間は、各年齢毎の児童に対する保育従事者の配置だけでよく、プラス1名の配置の定めはありません延長保育の利用がない場合は基本開所時間のみの運営で良い)。

ケース②では、7~8時、19~20時の時間帯は必要に応じて開所し、保育従事者の配置は最低1名となります。

 

なお、基本開園時間を変更する場合は、各自治体への変更届が原則必要となります(自治体により異なる)。

企業主導型保育事業の規定だけでなく、認可外保育所としての手続きも確認しましょう。

 

基本開所曜日と日数区分

基本開所曜日の基準は次のように規定されています。

<基本開所曜日/日数区分> 

月~日曜日のうち開所曜日を選択すると、選択した曜日に応じて次の様な日数区分の扱いとなります。

・週7日開所

・週7日未満開所

・週6日未満開所

 

開所時間同様、日数が多ければその分経費もかかるため、助成金単価は日数区分の上から順に高くなります。

特にご注意頂く点として、基本開所曜日は実績に応じた設定が求められるため、当初開所予定としていたにも関わらず、利用者のいない日は原則閉所扱いとなります。

この場合、閉所の理由に応じて日数区分の変更※を行う必要があること、また日数区分の変更が生じない場合でも閉所日は助成金支払の対象にはなりません※(日割りで計算)。

 

毎月の月次報告(実績報告)では、事実内容に基づき開所した曜日や日数を申請しなければいけませんのでご注意ください。

なお、週7日開所と設定した保育所は、原則365日の開所となります。

 

 

 

企業主導型保育事業は、運営経費について国の助成金を受けられるため細かなルールが設けられています。

企業主導型保育事業をご検討の際は、細やかな運営細則に気を配り、ルール違反のない運営を行う必要があります。

事実確認は監査時に実施されます。違反等がないよう開園後も児童育成協会が発表する通知等に目を通し、しっかりと把握しましょう。

 


当事務所では、保育所関連手続きをメインで取り扱っており、企業主導型保育事業については制度開始間もない頃から培ってきた豊富な経験があります。

また、現在進行形で全国の多数の企業様のサポートを行っているため、常に生きた最新の情報を入手しています。

工事規模や動向に合わせて申請手続き全体の見通しを立て、具体的な事業計画のアドバイスをいたします。

企業主導型保育事業の運営にお悩みの際は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

また、無事開園したものの、分からない事が多くお困りの企業様より多数ご相談を頂いてります。

月次報告の修正および申請をお手伝いさせて頂き、適切な保育園の運営が行えるようサポートさせていただきます。

ご面談、ビデオ電話、電話・メール等にて、全国の企業様の状況に応じたサポートをご提供させて頂きます。

 

お問合せ

まずはお気軽にお電話もしくはフォームよりお問合せください。

ご相談内容やご要望を簡単にお伺いしたうえで、無料相談の日程を調整させていただきます。

ご面談、ビデオ電話、お電話、メール等にて全国対応しております。

 

<よくあるご質問・ご相談>

  • 助成金が受けられるのか
  • 保育経営の経験、知識がなく、何から始めていいか分からない
  • 図面や工事内容を相談したい
  • 運営を開始したが分からない事が多すぎる 
  • 保育事業に慣れていないため社員の負担が大きい

 

その他ご不明な点等どうぞお気軽にご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

047-455-3540

無料相談

保育事業は範囲が広いため、お客さまとの対話を重視しております。お客様の状況を丁寧にヒアリングさせて頂き、分かり易くご説明いたします。

当事務所へご来社いただき直接お話を伺いする他、ご遠方のお客様はビデオ電話等でもご面談を実施しております。

また、出張等によるご面談をご希望のお客様は別途ご相談ください。

お見積り

サービスにお申込みいただいた場合の、サービス内容、金額をお見積りいたします。

当事務所では、お客さまにご納得いただけないままお手続きを進めるようなことは一切ございません。内容をご確認頂いた上でじっくりご検討ください。

 

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

047-455-3540

受付時間:9:00〜18:00
定休日:土・日・祝日

アクセス・受付時間

住所

〒276-0031 千葉県八千代市八千代台北1-10-7 NKビル305号

アクセス

京成線八千代台駅 西口より徒歩3分

受付時間

9:00〜18:00
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。

定休日

土・日・祝日
※定休日でのご面談等をご希望の方は事前にご相談ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

047-455-3540

フォームでのお問合せ・ご相談は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
ご面談、ビデオ電話、お電話、メール等にて全国対応しております。